油断してカギを失くすケースが多く、危険な状況と油断が合わさると非常に危険です。

カギを失くしやすい時期とシチュエーション

私はこれまで何度もカギを失くしましたが、過去の傾向を思い返すと特定のパターンがあることに気付きました。
カギを失くしやすい時期とシチュエーションを知っておけば、事前に心構えをすることができます。

 

カギを失くす時は油断をしているケースが多く、危険な状況と油断が合わさった時は非常に注意が必要です。

 

飲み会が多いとき

酔いつぶれた課長飲み会が多い時にカギを失くしやすいのは説明不要ではないでしょうか?

 

私は冬の忘年会シーズンに深夜に帰宅してカギがないことに気付いて悲惨な状況になったことがあります。
年末年始や歓送迎会が多い年度の替わる前後は注意してください。

 

飲み会に行く時は、カギを落としにくい対策を講じる癖をつけるとよいでしょう。

 

 

旅行に行ったとき

旅行に行った時は気分が浮かれ、家のカギを出し入れする機会がないことから紛失しやすいです。

 

旅行中の紛失はどこで失くしたのか分からないケースが多いですし、せっかくの楽しい旅行も最後はカギ開け業者を呼ぶことで締めくくると楽しい思い出が台無しになってしまいます。

 

また、荷物が多い長期旅行の場合は、カバンの奥にしまった結果、落としていないのに失くしたと勘違いしてしまうことがあるので注意しましょう。

 

 

慌てているとき

遅刻して焦るサラリーマン慌てている時はカギを落としたり忘れることが多いです。

 

仕事の繁忙期など慌てやすい時期が分かっている場合は、事前に気持ちを引き締めておきましょう。
私の経験上、冬になると寝起きが悪くなって朝に慌てやすくなります。

 

季節やシチュエーションによってカギを失くしやすい時間帯や場所が変わるので、状況に応じた対策をしましょう。

 

 

イライラしている時

  • 仕事で怒られた
  • 失恋や恋人とのケンカ
  • パチンコなどのギャンブルで負けた

こうしたイライラしている時はカギを失くしやすいです。

 

初歩的なミスが多くなるので、イライラしていたり噛み合っていないと自覚した時はカギを無くさないように一層の注意を払ってください。

 

また、イライラする理由ができるなど悪いことが続いている時は、適当に選んだカギ開け業者にボッタクリ価格を提示されるなど負の連鎖が起こりやすいです。

 

業者選びを慎重に行い、2次被害を食い止める心構えを持ちましょう。

 

 

カギ専用のポケットを作る

カギ専用のポケット私の経験上、夏と冬はカギを紛失することが時に多い季節だと感じています。

 

夏は上着のポケットを使えないので、ズボンやカバンにカギを入れることになりますが、ポケットの数が少ないため、スマホなど他の荷物と一緒にカギを入れることが多いです。

 

冬はポケットが多いですが、ホッカイロや手袋などと一緒にカギを入れた結果、カギを失くした経験があります。

 

このようにそれぞれ事情が変わりますが、薄手のアウターを着る春や秋の方がカギを紛失するリスクが低いです。

 

他の荷物の出し入れでカギを落とさないように、季節を問わずカギ専用のポケットを用意するとよいでしょう。

 

ズボンにカギ専用のポケットを用意すると、日頃からカギが入っているのか確認しやすいので、おすすめです。

 

カギ専用ポケットを作ったら、少し大きめのキーホルダーを付けると効果がさらに高まります。

 

 

TOPへ